1歳までの子どものベビー服の紹介

私の経験からのお話ですが、1歳までの3つのベビー服の紹介をしたいと思います。1歳までの時期って、洋服のサイズが50センチからだいたい平均で80センチくらいまでのお洋服なのですが、この時期の子どもってサイズが3つも変わるのですからお洋服を選ぶのも大変です。まず、新生児の時に着るための洋服といえば、ドレスオールではないでしょうか。ドレスオールは、よく赤ちゃんが着ているお洋服をイメージしてくださいといえば想像がつきやすいかとおもいます。着物のような肌着の上に着るものです。大低前あきになるようにスナップボタンがついてるものが多く、足のところは筒のようになっています。

私の経験上、オムツ替えるときに、とても便利でした。素材も綿のものが多く、肌にも優しいです。赤ちゃんは、ちょっとした刺激で肌が荒れたりもしますし、オムツを替える頻度は本当に高いです。日中はまだ多少のわずらわしさなどがあっても対応できますが、それでなくても授乳などで寝不足のお母さんは、夜中は楽にオムツを替えたい所だと思います。そして、新生児のあかちゃんは、パジャマなどないので、このようなカバーオールで1日中過すことになります。そしてもう一つ、2WAYオールです。先ほどのカバーオールの足元が筒にもできるし、足の部分がちゃんとズボンのようにスナップボタンをつけることが出来るタイプです。2WAYオールは、日中に着せたり、お出かけの時に着せたりするのには私はオススメです。

後は、足クセがあまりよくない赤ちゃんは、洋服もめくれあがってしまうキック力をもっていたりしますので、2WAYオールのほうが冷えからも守れます。この2WAYオールは、先ほど書いたドレスオールよりも、いろいろなちょっとお洋服のようなデザインのものも多く、新生児からだいたい首が据わるちょっと前まで私はよく子どもに着せていました。最後にカバーオール。カバーオールとは先ほど書いた、ドレスオール、2WAYオールの中間、足の部分が全部スナップボタンがついて、ズボンのようになっているタイプのものです。サイズ的には60センチから大きいものだと90センチくらいのカバーオールなんかもあります。こちらは、うちの子どもの場合1歳くらいまでは着せていました。首が据わりだしたころから、着せだして、1歳近くなるころにはほぼパジャマとしても利用していました。こちらも、大きなサイズがあるだけあり可愛いキャラクターものなどいろいろなデザインのものが豊富にあります。イメージとしては最後の赤ちゃん服ってイメージをもっています。おなかも冷えなくていいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です